So-net無料ブログ作成

零戦二一型 模型撮影 [模型]

零戦二一型を撮影しました。作成してから年月を経ています。

ケースには入れてませんでしたが塗装の退色は少ないようです。

P6140078.jpg

ハセガワ 1/72の傑作キットです。今でも現役キットなのが嬉しいです。

P6140079.jpg

有名な機体なので大戦機が好きな人は1度は作成しているかもしれません。

P6140085.jpg

斜め後方から見る零戦の姿が特に好きです。零戦はフシギな魅力があります。

P6140088.jpg

二一型は翼が広くて優美です。※大変運動性が良かったとのこと

P6140089.jpg

緒戦の無敵ぶりから零戦といえば二一型を連想します。最も恐れられた戦闘機の風格があります。


自走砲「ヴェスペ」 竣工 [模型]

独軍の自走砲 「ヴェスペ」を作成しました。

Ⅱ号戦車の車台を利用した自走砲です。

P6140097.jpg

キットは1/35 タミヤの傑作定番キットです。精密ですが作り易くてとても楽しめます。

P6140102.jpg

野砲を高角射撃姿勢にして撮影すると自走砲らしさが引立ちます。

P6140105.jpg

砲と車体のバランスが良いことが判ります。Ⅱ号戦車は多くの優秀な派生型があります。

P6140107.jpg

赤白の測量用ポールが萌えポイントです。地味な塗装が少し華やかになります。

P6140125.jpg

オープントップの車両ならではのアングルです。自走砲は見所が豊富です。

P6140135.jpg

「ヴェスペ」という名称は「スズメ蜂」のことです。独軍の自走砲には他にも蜂の名前があります。

P6140118.jpg

Ⅱ号戦車のバージョンとその派生型は種類が豊富なのでコレクションしたくなります。


自走砲の内部 [模型]

自走砲を作成中です。内部がよく見えるうちに撮影しておきます。

P6060010.jpg

オープントップなので側面の装甲板を取り付ける前は砲尾がよく見えます。

P6060001.jpg

戦闘室内の装備も戦車に比べてよく見えます。無線機と砲弾ラックが萌えポイントです。

P6060019.jpg

榴弾砲の機構がよくわかります。間接照準器が横に付いています。

P6060021.jpg

砲身は少しだけなら上下左右に可動します。最大迎角にするとより自走砲らしくなります。

P6060025.jpg

予備の砲弾パーツも付いています。塗装して側に置くと臨場感がぐっと増します。