So-net無料ブログ作成
検索選択

軽巡洋艦 「大井」 竣工 [模型]

日本海軍の軽巡洋艦 「大井」 重雷装型を作成しました。

5500トン級軽巡 球磨型の4番艦です。

P7290037.jpg

キットはピットロードの1/700 傑作キットです。10基の魚雷発射管が萌えポイントです。

P7290044.jpg

1基4連装の発射管なので片舷で20射線になります。空前絶後の重雷装艦です。

P7290054.jpg

重雷装の期間(約1年)の実写真は残っていない様です。とても残念です。

P7290058.jpg

重雷装を実戦で使用することはありませんでした。発射管は順次撤去されました。

P7290063.jpg

上空からみた重雷装艦はこの様に見えたのでしょうか。

P7290064.jpg

球磨型は大正期に竣工した初期の軽巡です。艦齢も古いので多くの改装を受けています。

P7290053.jpg

5500トン級軽巡は高速輸送艦として活躍しています。輸送中によく潜水艦に狙われていますが、

艦齢の古さを考えると主力艦隊戦闘よりは有効な利用法だと思います。




真珠湾作戦の日 [書籍]

日付が変わり今日12月8日は日米開戦の日です。

真珠湾作戦を知るのに役立つ書籍を読み返しています。

Pc060003.jpg

書籍には機動部隊の艦隊航行序列も載っていて興味深いです。

Pc060006.jpg

空母以外の戦闘艦艇が少ないことが目を引きます。防御に関してあまり熱心ではない様です。

Pc060009.jpg

潜水艦で泊地をぐるりと取り囲む散開線配備です。戦況が進むと大被害の原因になりました。

Pc060024.jpg

特殊潜航艇(甲標的)が実戦に使われた初めての戦闘になります。

Pc060020.jpg

模型では母艦に乗った甲標的は小さく見えますが実際は結構大きなフネでした。

Pc060041.jpg

二人乗りの甲標的の姿は迫力あります。喫水の浅い湾内に入ることが出来る秘密兵器です。

Pc060042.jpg

母艦(潜水艦)から発進し湾内に侵入する作戦を実現するところが日本海軍らしいです。

開戦の初日から特殊攻撃を立案する流れはその後の作戦傾向を暗示しています。






模型新キット「飛燕」 [模型]

日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」の新キットを入手しました。

三式戦の作成は結構な数になります。大好きな機体なのです。

Pb210005.jpg

これは2型改という少数だけ生産された型です。風防を水滴型にした機体は更に少ないのです。

Pb210009.jpg

最近実機の三式戦が復元されて美しい機体が公開されました。作成意欲が増しています。

Pb210013.jpg

「世界の傑作機」を読みながら作成の準備を進めます。塗装例やマーキングが大変参考になります。

Pb210023.jpg

三式戦に関する戦記で大変参考になる書籍を読み返しています。

モチベーションが大きくアップします。


大きなエリンギ [食べ物]

炭火焼き料理をするとのことで食材にエリンギを見つけました。

Pb120005.jpg

まな板をはみだすほどの大きさです。肉厚で重いです。

Pb120012.jpg

傘の部分が特徴あります。 エリンギを焼いて食べると美味しいのです。

Pb120008.jpg

この茸を見るとマタンゴやバンデル星人を思い出します。(知っていると歳が判ります)

Pb120010.jpg

炭火でゆっくり焼くと美味しそうな匂いと汁が染み出してきます。

お気に入りの食材の1つです。

 

 

 


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

資料収集と読書 [書籍]

模型作成の為の資料をよく読んでいます。

艤装作業中は本棚から引っ張り出してきます。

Pb040004.jpg

写真とイラストで解りやすく解説している本なのでお気に入りです。

Pb040019.jpg

年代ごとの変更や細部をディテールアップする場合にも重宝します。

Pb040010.jpg

複数同時に作成しているので読む本が結構多くなります。夜寝る前に読むのが楽しみの1つです。





艦艇模型塗装 [模型]

艦艇模型の塗装中です。

4隻同時進行で作成しています。

Pa260015.jpg

古いキットもあれば最新のキットもあります。

Pa260012.jpg

最新のキットはパーツが多くて組み立てに倍くらい時間が掛かりました。

Pa270021.jpg

前から作りたかった艦艇でした。ディテールの精密さに驚いています。

Pa260008.jpg

さらに細かな艤装パーツを設置していくのでくしゃみで飛ばさないように注意が必要です。






駆逐艦 「初春」 竣工 [模型]

日本海軍の駆逐艦 「初春」型を作成しました。

独特の艦橋と兵装を持つユニークな艦です。

Pa070001.jpg

キットはピットロード1/700の傑作キットです。改装後の姿をよく表現しています。

Pa070007.jpg

中型の駆逐艦ながら兵装は強力な艦なのです。復原性悪化から今の形に落ち着きました。

Pa070010.jpg

大型の艦橋と形状から初春型であることが判断できます。

Pa070009.jpg

初春型は魚雷の次発装填装置を初めて装備した駆逐艦です。

Pa070016.jpg

艦の名前と番号が描かれている時期の駆逐艦は趣があります。

Pa070011.jpg

後部に単装砲があります。改装前は前部1番砲の後ろに装備されていました。

Pa070005.jpg

一回り小さくても性能を同じにするという欲張りなところが結構日本的で興味深い艦なのです。





1/48 模型作成中 [模型]

1/48 スケールの戦車模型を作成中です。

前からコレクションしたかった無骨な戦車なのです。 「38(t)」

Pa060008.jpg

1/48は大きさも手頃で沢山の種類をコレクションするには最適です。

Pa060010.jpg

手のひらに収まるくらいの大きさですが大変精密で存在感があります。

Pa060005.jpg

アップで撮影するとより精密なことが判ります。

Pa060001.jpg

タミヤのキットはどれも大変作りやすく楽しく作成できます。

日本戦車のラインナップも今後増えほしい1/48スケールのシリーズです。


駆逐艦艤装中 [模型]

2隻の駆逐艦模型を作成中です。

P9200017.jpg

最後に短艇等の艤装をすれば完成となります。

P9200021.jpg

艦艇模型は浮き輪などの細かな塗りわけに神経を使いますがそれ以外は比較的ラクなのです。

P9200022.jpg

日本駆逐艦は種類が多いこと、同じフネでも改装工事等で外見が大きく異なることがあるので、

艦隊コレクションしたくなります。





陸上偵察機 「景雲」 竣工 [模型]

日本海軍の陸上偵察機 「景雲」を作成しました。

単発エンジンを2基並列にならべて結合し双子エンジンとしたユニークな機体です。

P7230047.jpg

キットはファインモールドの1/48傑作キットです。 迫力ある姿をよく再現しています。

P7230054.jpg

双子エンジンは操縦席と偵察席の後方にあります。プロペラまで長い延長軸を通しています。

P7230057.jpg

胴体中央に大きなエンジンがあることが判ります。側面に集合排気管が見えます。

P7230060.jpg

胴体上面に大きなインタークーラー吸気口があります。双子エンジンは冷却が重要なのです。

P7230065.jpg

機首を細く絞った抵抗の少ない機体です。 (最大速度は740km/hとのこと)

P7230062.jpg

太い胴体と力強い6枚プロペラが萌えポイントの1つです。

P7230087.jpg

視界の良さそうな風防形状と操縦席です。 高い位置にあるので乗り込むのが大変そうです。

P7230077.jpg

「景雲」は試作機のみで1機だけ完成しました。終戦直前の初飛行に成功しましたが、

操縦性や安定性に大した難点は無かったとのことです。

当時の写真でもインパクトありますが実際に作成してみると斬新な姿で驚きました。